ART

BUAISOUで雪花絞りのワークショップに参加しました

徳島でワールドワイドに活躍されているBuaisouの雪花絞りで1反の生地を染めるのワークショップに参加しました。

Buaisouのコンセプトは’farm to closet’. 蓼藍から自分たちで育てすくもという藍染の原料を製造し、染めて商品やアートを制作しています。すべてを自分たちでやるというのはとても大変なことです。僕たちも染める方だけやっていますが、藍を育てるのもできるかというと、とても時間が足りません!

 

藍の畑です。一つの株から一年で2回収穫できるみたいです。

 

収穫後は葉と茎に分けられてビニールハウスで乾燥させるそうです。

 

 

乾燥した葉を袋につめて、すくもを作るときまで貯蔵し、冬に100日かけて発酵させていくとのことです。

 

毎日の染液の記録をつけているみたいです。これだけでも大変な作業です。

 

雪花絞りのワークショップは三角か四角のパターンにするかを選べ、今回は三角のパターンを作ることにしました。こちらは見本の絞りです。

 

三角に折りたたんでいくとこんなに長くなります。こんなに長いとGクランプで挟めないので、糸を通していきます。絞った生地を今回は5分間ずつ4回染めました。

 

工房はこんな感じ。

 

出来上がりは今感じになりました。薄めにグラデーションで入った模様がお気に入りです。浴衣を作るのが楽しみです!!いつできるかわかりませんが…