AWAJI / SHIKOKU

瀬戸内芸術祭を見に小豆島に小旅行

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

淡路島に移住する前は、小豆島が面白そうだと思ってリサーチしている時もあったけど、結局行ったことはなくて、今回はじめて小豆島に上陸。ジャンボフェリーに乗って高松から小豆島の坂手港に。

ジャンボフェリー

ジャンボフェリーの甲板にヤノベケンジのスカルプチャーがあった。今回は朝の6:15発のフェリーに乗ったので朝日がちょうど屋島の後ろから登ってきていてとてもきれいだった。

 

瀬戸内芸術祭

まずは迷路のまち土庄からスタート。大岩オスカールさんの作品「大岩島2」。白いドーム型のテントの中に瀬戸内をイメージした白黒の絵が描かれていて異空間にいるようでおもしろかった。朝早くて誰もいなかったのもよかった。

その次は写真はなしだけど、迷路のまちといだけあって、古い家を迷路のように改造した体験型のアートでこれもまた異空間にいるような面白い作品だった。

 

瀬戸内芸術祭

瀬戸内芸術祭

次は肥土山地区に行った。こちらは猪鹿垣の島という作品で石垣を使ったインスタレーション。

 

オリーブの夢

肥土山の千枚田があるきれいな風景の中にみえるのは「オリーブの夢」という竹で編んだドーム。

 

オリーブの夢

入り口にあるオリーブ型の小さなドーム。

 

オリーブの夢

中は結構広くて木漏れ日みたいに日が差し込んで風も通るしとても気持ちがいい。

 

オリーブの夢

こんな感じで寝っ転がっていた。ほんとにリラックスできる。

 

オリーブの夢

編み方も波のようになっていてすごいいいパターンだ。国境を越えて・潮

次は小豆島の北側の多部というところにある砂のアートを見に来た。

 

国境を越えて・潮

国境を越えて・潮

196体の子供の砂の彫刻。夏の期間の最後の日に行ったので波の侵食をうけて倒れているのやら体がないのやらも混じっていた。こういう自然の中で風化していくのを見せれるのもこのアートの面白みだと思う。

 

段山遺跡群

三都半島にある段山遺跡群という作品。中に入れる。台風がきそうなので補強していた。

 

段山遺跡群

三都半島は離島の半島なので結構田舎感があって、集落などの雰囲気が好き。

 

_sdi4001

壺井栄生誕地お花畑プロジェクト。24の瞳の作者、壺井栄のメモリアルガーデン。オリーブの古木が植えてある以外はあまんまり特徴がなさそうだったけど。。。

 

スター・アンガー

ジャンボフェリーの時間を間違えていて、思っていたよりもはやく帰らないといけないことに。もう少し行きたいところあったけど、今回はここまで。

 

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0