AWAJI / SHIKOKU

新都志海岸で海ほたると星のの観察

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

この日はNPO淡路FANクラブさんのイベントで、新都志海岸で海ほたると星の観察をするワークショップがあったので行ってみた。イベントは夜の7時からで海岸につくともう太陽がほとんど沈んでしまうところだった。

夕焼け

 

風力発電

海岸の隣にでかい風力発電の風車がたっている。

 

_DSF9820

暗くてよくわからないけど、かなりでかい天体望遠鏡。

 

海ほたるの仕掛け

海ほたるをおびき寄せる仕掛けを作っているところ。ペットボトルに穴を開けて、沈むように砂を入れ、餌となる魚やイカの切り身を入れていく。タチウオやイカなどなかなか豪華な餌を入れていた。

 

海ほたる

作った仕掛けを海に投げ込んでいくと少しづつ浜辺に海ほたるが集まってくる。刺激を与えるとより発光するみたいで、砂の上の海ほたるを踏んだりするとより強く光る。写真は暗くてよくわからないけど、何匹かの海ほたるが発光しているところ。実際に見るともっときれいで楽しい。

 

風力発電と星

次はでかい天体望遠鏡で何個かの星をみせてもらった。わかりやすいのが土星で輪っかがかなりはっきりと見えた。

 

天の川

星座の説明もしてくれて、どこに何座があるのか教えてくれた。この日は運良く快晴で星がよく見えた。

 

風力発電と星

阿万の海岸も海ほたるがいるみたいで、家の近くの海岸でも海ほたるを見れそう。淡路島は自然が今まで住んでたところより豊かで、身近に感じられるのがいい。もちろん虫もすごい多いけど。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0